投資のリスクを恐れない男性の指

投資とはある種のギャンブルみたいなものなので、当然リスクは伴います。しかしそれを恐れていては前に進みません。少しでも興味をお持ちのアナタへ面白い部分もそうでない部分も教えます!

成功する投資家の目のつけどころ

日本の株式市場はここ数年の間に活況を取り戻しています。昨年末からは方向感が定まらない状況が続いていますが、それでも16000円前後で推移しており、今後も投資で利益を得るチャンスは依然あると言えます。

こうした好調の状況を受け、現政権が様々な政策を打ち出した当初は芸能人の中にも「株で儲けた」と宣伝する人達がいましたが、現在はそうした風潮も収まりつつあります。これは、結局は昨今の市場のボラティリティに対応できずに利益を失ったか、あるいは一定の利益を稼いだため投資を辞めたと推測できます。つまり、成功する投資家の仲間入りは果たせなかった可能性があります。

上げ相場の場合は偶然大きな利益を獲得すると「株の投資で食べてゆける」と勘違いするのが一般的です。本当に成功する投資家は、上げ相場こそ常に下落すると考えて戦略を立てます。逆に下げ相場はいわゆるバーゲンセールと捉えます。ただし投資先企業の財務諸表などのファンダメンタルズを徹底的に分析し、現時点で過小評価されているとわかる株式にしか、成功者は資金を投入しません。すなわち、周囲の状況や一般投資家が取る行動とは逆の視点から市場を見ることが成功者には必要と言えます。

とりわけリーマンショックなどのボラティリティが非常に大きい時期に取引をするためには、独自の投資理論に加えて迷わずポジションを取れる精神力も要求されます。自分が間違った判断を下した際には潔く損切りをする決断力も必要です。加えて一つの市場を注視するのではなく様々な市場の情報を入手し、一つの市場で失敗してもその損失額をカバーできるポジションを常に抑えて置く慎重さも重要です。こうした能力は市場で常に取引を行って試行錯誤することが大切です。