投資のリスクを恐れない男性の指

投資とはある種のギャンブルみたいなものなので、当然リスクは伴います。しかしそれを恐れていては前に進みません。少しでも興味をお持ちのアナタへ面白い部分もそうでない部分も教えます!

投資で大当たりは望まないが、確実に儲けるやり方

日本の株式市場は昨年末から今年に入って非常にボラティリティが激しく、方向感が見えにくい状況が続いています。こうした状況においては、必要以上に投資額を投入したり取引量を増やすことは非常に危険です。投資では手許資金をいかに失わずに利益をあげることが重要ですので、出来れば取引をしないというのもひとつの投資戦略です。

こうのような状況を目の当たりにしたとき、改めて大当たりは望まずに確実に儲ける投資方法を考えることも大切です。最も重要なことは、自分が投資している企業やその業界が将来どのようになるかという中長期的な予想をしっかりと立てることです。その際には貸借対照表・損益計算書およびキャッシュフロー計算書を読みこなす能力が不可欠と言えます。基本的に将来の企業業績は誰も予想できません。しかし企業の将来や利益予想は財務諸表に表記されている数値である程度予測が可能です。特にキャッシュフローは不正することが難しい財務諸表です。また営業活動で獲得したキャッシュをどのように企業が運用しているかが一目でわかりますので、投資家としては利用しやすいツールと言えます。

こうした財務諸表分析が出来れば、現在の株価が企業の実力以上かそれ以下を見分けられます。そのため、実力以下であれば、今後大きく株価が上昇する可能性が高いと言えます。いわゆるバリュー投資法を利用すれば、「安く買って高く売る」という投資の基本原則にもかなっています。ただし、現在の株価がなぜ実力以下なのかをしっかりと分析していないと資金を失うことになりかねません。その企業のみならず業界の状況なども考慮して、しっかりとした戦略を立てることが確実に儲けるためには不可欠です。