投資のリスクを恐れない男性の指

投資とはある種のギャンブルみたいなものなので、当然リスクは伴います。しかしそれを恐れていては前に進みません。少しでも興味をお持ちのアナタへ面白い部分もそうでない部分も教えます!

昭和電工の株式投資における取引状況とは

昭和電工は業績の減益発表が響いて株価は低迷しています。長期移動平均線は下降線を辿り、短期移動平均線もこれにぶつかると反落する動きとなっています。完全に下げ基調が鮮明となっていますが、業績から算出した理論値と比べるとかなり割安となっています。明らかに売られ過ぎとなっていることから、これから一旦は上昇することが予測されます。チャートは短期移動平均線を上抜く場面も見られるので、取引における買い意欲は強いことが分かります。それを示すように、信用取引でも倍率は20倍を超えています。つまり、空売りに対して信用買いが20倍以上あるということです。株価は低迷していますが、投資判断としてはこの安値が買い時と判断する投資家が多いということです。直近では信用売りが減っていることに対して買いの取引は減少せずに多いままの水準となっています。先行きの見通しとしては、反転することを予想する投資家がそれだけ多いということになります。今後の取引予測としては、まずチャート上で株価が短期移動平均線を越えるかどうかがポイントになります。そして長期移動平均線を突破するかどうかが大切なポイントとなります。そこまでの動きを見せるようであれば、短期移動平均線が長期移動平均線を上に抜くゴールデンクロスが形成されることもなります。この形は非常に強い反転上昇のパターンとなるので、さらなる買いを誘うことになります。信用倍率が高いことを背景に、この株価が安い時期に安く買い進めてもリスクは少ないと考えられます。ただし一応、移動平均線を上に抜くことを確認してから少しずつ買いポジションを増やすような取引を行うことが必要になると予測されます。