投資のリスクを恐れない男性の指

投資とはある種のギャンブルみたいなものなので、当然リスクは伴います。しかしそれを恐れていては前に進みません。少しでも興味をお持ちのアナタへ面白い部分もそうでない部分も教えます!

株に投資をすると益金を分割して支払われる

株に投資をする目的のひとつに、配当があります。
企業が利益を上げ余った益金は株数に応じて分割をされて、配分されることになるのです。
元々株式というのは、投資をして利益が出ればその利益を配分するから投資をして欲しいという趣旨のもと始まったものであり、配当を目当てに売買をするものだったのです。

しかし、次第に株の値動き自体が投資のメインとして扱われるようになり、将来有望で株価が上がりそうな企業には多くの人の買い手がつき逆に将来性がなければ、人気もでずに値もつかないということになってきました。
それでも資金力のある人であれば、安定した業績で安定した配当というのは大きな魅力であり特に今のように超金利時代には銀行預金よりもはるかに高い配当は資産家にとっては投資妙味のあるものとなっています。

そのため、投資をするときに大切なことは値上がり益を重視するのであれば配当はあまり重視せず、逆に配当を重視するのであれば極力値動きはおとなしい方が適しているといえます。
値上がり益を期待するにしても配当が良いに越したことはないのですが、下手に配当が良ければ株価が下がった時に配当をもらって値が戻るのを待とうという考えになってしまいがちです。
そのような考えは間違いというわけではないのですが、予想外の展開となって急遽配当狙いに切り替えた場合には長期間の塩漬けになってしまい配当も含み損の前には焼け石に水となってしまいます。
逆に配当を重視する場合、上昇する分には問題ありませんが乱高下が激しい銘柄の場合にはこちらも含み損が出た時に配当ではまかないきれなくなってしまうことがありますので極力値動きのおとなしい安定した銘柄を選んだほうが良いということになります。